インプラント

インプラント治療について

また、こんなに美味しく食べられるようになるなんて・・・
そんな驚きと感動をもたらす、インプラント治療とは?

インプラントで美味しく食べれるようになるイメージ

インプラントとは?

インプラントのイメージ

インプラントとは第二の永久歯であると言われています。
今では非常にたくさんの方がインプラント治療を選択して、豊かな生活を手に入れることが出来ています。

それは本来の歯に近い、咀嚼力と、審美性を兼ね備えているからです。

一方でインプラントの手術は難易度が高く、インプラント学会などへ参加することで歯科医師が独自に勉強していきます。

そのため、歯科医師によってインプラント治療の精度は大きく異なってきます。

インプラント治療をご検討頂く方は、是非以下の2点をご確認下さい。

  1. 1.歯科医師技術
  2. 2.設備面

例えば当院では、CGFという骨が足りない方には血液を採って再生療法を行っています。
そのため多くの患者様の状態に対応した手術が可能です。

インプラントの治療とは?

インプラントの構造イメージ

まず、歯を失ってしまった顎の骨に人工の歯根を埋め込みます。この人工の歯根はチタンという金属で出来ていますが、骨との相性が良く、数か月で骨としっかりと結合します。

そのため、自分の歯があった時と同じような咀嚼力(かむ力)を取り戻すことが出来るのです。

そして、その人工歯根の上に審美性の高いセラミックで作られた人工歯を装着します。

そうすることで本物の歯のような咀嚼力と審美性を取り戻すことが出来る治療なのです。

歯を失ったままにしておくリスク

1.歯並びが変わってしまう

歯がない箇所があると、歯がよってきたり、傾いてきてしまいます。
早い人ですと半年程度でそのような症状が出てしまう方もいらっしゃいます。

2.歯を支えている骨(歯槽骨)がやせてきてしまう


その歯槽骨を利用してインプラント治療を行うため、治療自体が出来なくなってしまう可能性もあるのです。

歯を失う原因

歯を失う原因の割合図

1.歯周病

最近ではテレビ等でも歯周病への意識が高まっていますが、
歯を失う原因は実は虫歯よりも歯周病のほうが多いのです。

歯周病は歯槽骨を溶かしていく病気で、一度進行すると、
その状態を維持するための治療は出来ても、元に戻すことは出来ません。

日ごろの歯ブラシや、定期的な歯医者さんでのメンテナンスを怠ってしまうと、
歯周病の原因であるプラーク中の細菌が増えてしまい、歯周病が進行していきます。

その結果、歯を失う原因となってしまうのです。

2.虫歯

歯を失う原因第二位は虫歯です。
虫歯が大きすぎたり、虫歯菌が歯茎や歯槽骨に入り込んでしまうと、
歯を削るだけの治療では治すことが出来なくなってしまいます。

虫歯も歯周病と同じで、一度進行してしまうと削ることは出来ても治すことは出来ません。
また、削ることで歯に隙間が出来たりするため、虫歯菌にとっては居心地の良い状態になってしまうのです。
そのような状態を繰り返していると歯は弱ってしまいます。

その結果歯を失うことになってしまいます。

3.破折など

交通事故などで歯を失うケースがございます。
事故の場合は歯だけではなく骨が骨折しているケースもございます。
そのためCTを撮影したり、再生療法という高度な治療技術が求められることがございます。

歯が抜けてしまった後のインプラント以外の治療方法まとめ

原則的に抜けた歯を入れる方法は、以下の3つです。

抜けた歯を入れる方法の3つ

1.義歯(入れ歯)

義歯

広範囲に歯がない方にとっては金額を安く抑えられるなどのメリットがあります。糖尿病などの持病がある方はインプラントの手術が出来ない可能性があります。そのような場合には入れ歯治療が最適な治療となります。

しかし、入れ歯の場合口腔内での違和感が多く、残っている歯にかけるクラスプという金属が目立ったリと見た目も気にされる患者様が多いです。また、天然歯ほどの噛む力は復活しませんし、作成までに1ヵ月程度の時間が必要になります。

「固いものが噛めない」
「毎日の食事毎の洗浄が面倒くさい」
「人前だと外せないので外食が出来ない」

このような声が多いのも義歯(入れ歯)の特徴です。

2.ブリッジ

ブリッジ

短期間で歯がない状態を回復できることがブリッジの治療の大きな特徴です。

残っている周りの歯を削って固定式の歯を入れるため、両側の歯に負担をかけることになってしまう不安があります。

また、周りの歯の状態によっては、そのブリッジの治療の耐久性に大きく影響するため、長くはもたないこともございます。

インプラント治療が困難なケース

1.歯槽骨が足りないケース

インプラントの人工歯根を埋め込む歯槽骨が足りない場合には、手術自体が出来ない時がございます。
足りない歯槽骨を再生する技術を持っている歯科医師であればインプラント治療が出来る可能性はあがりますので、どこかの歯医者さんで断られても、セカンドオピニオンとして他の歯科医院に相談するということも大事なポイントです。

2.内科的な病気にかかっているケース

重度な糖尿病にかかっている方などは、感染のコントロールが必要なため、内科の先生との相談が必要になってきます。

口腔内の状態など個人差がありますので、一度ご相談下さい。

インプラント治療で得られるもの

インプラントで噛めるようになったイメージ

見た目やかむ力が手に入ることはお伝えしましたが、その他にもインプラントによって本来の歯に近い機能を手に入れることで、顎にも影響していきます。

例えば、総義歯を長く使用している方の下顎の骨は、歯がそろっている方の1/5程度まで弱ってしまうということが言われています。
それだけ、物を噛むという力は重要なのです。

「入れ歯などの違和感がないので食事を楽しめるようになりました」
「食事毎の洗浄などのわずらわしさから解放されて晴れやかな気分になりました」
「入れ歯の金属が気になり思い切り笑えなかったストレスから解放されました」

など、インプラント治療を通して、豊かな生活を手に入れることが出来ます。

当院のインプラント治療の特徴

ノーベルバイオケアのインプラント

まず1つ目はインプラント治療が難しい患者様の治療を可能にする再生療法を当院では行っております。
15年間、様々な症例を今まで担当してきておりますので、患者様ごとにあった幅広い治療計画を立てることが出来ます。

2つ目は扱っているメーカーは世界で有数なメーカーであるということです。
ノーベルバイオケアを導入しています。ノーベルバイオケアは世界で初めて、インプラントを製品化したパイオニアです。
世界での実績があるため、安心して治療を受けて頂くことが出来ます。

インプラントの費用

インプラント治療費 Total ¥315,000 上部構造工ステ二アクラウンの場合

基本手術費 ¥35,000
インプラント手術時の薬剤及び感染予防費
1次手術 ¥180,00
インプラン卜埋入
0
2次手術 ¥50,000
アバットメン卜装着
上部構造/工ステ二アクラウン ¥50,000
上部構造/メタルボンド ¥80,000
上部構造/オールセラミック ¥100,000

追加手術

GBR ¥50,000
骨増生手術
サイナスリフト ¥200,000
上顎洞挙上術

インプラントのメンテナンス

インプラントのメンテナンスイメージ

は治療後のメンテナンスが非常に重要です。
メンテナンスが出来ていれば、少なくとも10年以上は持つと言われています。

当院では10年保証を行っております。
10年保証:インプラント本体
5年保証:上部構造(冠、かぶせもの)

インプラント自体はチタンで出来ているので虫歯になることはありませんが、毎日のお手入れが出来ていないと歯周病になってしまう可能性がございます。

また、歯ぎしり、食いしばりがある方はインプラントが壊れてしまうことが稀にあります。

そのため、定期的なメンテナンスを受けて頂くことが非常に重要になってきます。

当院では専門の知識と技術と経験を兼ね備えた衛生士が、メンテナンスを担当致します。
治療から、その後のメンテナンスまで全て当院にお任せ下さい。

インプラントの成功率

インプラントの成功率

この表はインプラントの成功率の臨床報告です。5~10年で95%以上の成功率がほとんどとなっております。
また現在当院でも使用している第三世代のインプラントは純チタンが使用されており成功率も飛躍的に向上しています。

インプラント小冊子を無料プレゼント

インプラント小冊子

当院院長が書いたインプラント小冊子がございます。
現在は、患者様にお配りしているのみで市販はしておりません。
さくら歯科クリニックのみでご覧頂けます。
インプラントの相談をして頂いた方に無料でプレゼントしております。

お気軽にお問い合わせください
ページトップへ