妊娠中、授乳中の歯科治療

妊娠中、授乳中の歯科治療

妊婦さんと産後のママのための歯科治療「マタニティ歯科」

妊娠中、授乳中は女性ホルモンが増加するため、虫歯や歯肉炎にかかりやすくなります。

さくら歯科クリニックでは、妊娠中、授乳中の方にも
安心してご来院いただけるよう、問診、治療の体制を整えています。
妊娠の可能性のある方、妊娠中、授乳中の方は、受診時に必ずその旨をお申し出ください。

妊娠中の治療について

適切な治療時期

妊娠中の治療について

つわりなどがけいげんする、安定期(妊娠5~7ヶ月)に治療するのが望ましいとされています。

胎児にとって特に重要な妊娠初期、母体に負担のかかる妊娠後期は、応急処置にとどめておくのがよいでしょう。

適切な歯科医院でのレントゲン撮影

適切な歯科医院でのレントゲン撮影

基本的に問題ありません。歯科治療におけるレントゲン撮影は放射線量が微量であり、また撮影箇所の口腔が子宮から離れているからです。

当院では、被爆量を通常のレントゲン装置より大幅に軽減したデジタルレントゲン装置を導入していますので、さらに安心してお受け頂けます。

飲み薬

妊娠4週から10週の間は、飲み薬が胎児に影響を及ぼすと言われています。
その期間は、原則としてお薬をお出ししませんが、症状によっては処方が必要になる場合があります。
その場合は、妊娠4週から10週でも安全性が高いと言われているお薬を処方いたします。

麻酔

局所麻酔ということもあり通常の麻酔量であれば問題ないと言われています。
ただし、妊娠8ヶ月移行になると早産の可能性が高まるとの報告もありますので、
緊急の場合をのぞき、麻酔を使わず応急処置にとどめます。

授乳中

適切な治療時期

授乳中

出産後一ヶ月程度は、肉体的にも精神的にも不安定だと思われますので、重い治療はさけ応急処置にとどめた方が良いでしょう。 個人差はありますが、軽い虫歯や歯肉炎の治療であれば問題ないでしょう。

胎児にとって特に重要な妊娠初期、母体に負担のかかる妊娠後期は、応急処置にとどめておくのがよいでしょう。

歯科医院でのレントゲン撮影

問題ありません。

飲み薬

生後3ヶ月未満の場合、飲み薬を飲んで5時間以上たてば問題ないと言われています。
生後3ヶ月以上を過ぎていれば、時間をおかなくてもほとんど影響ありません。
さくら歯科クリニックでは、母乳への影響が小さい安全性の高い薬を選んで処方しています。

麻酔

問題ありません。

お気軽にお問い合わせください
ページトップへ